プロフィール

ニックネームYukio Cheeba
自己紹介 千葉征央。
92年生まれ。仙台出身コントラバス弾き。JAZZ,即興音楽などをメインに東京近郊でベーシスト活動中。LIVE,ジャムセッション,パーティーイベントなどなど、さまざまな場で演奏します。たまにピアノ弾いてます。好きな偉人はマザー・テレサとコルトレンとJ.S.Bach。アートで楽しく平和な世の中になりますように。

♪レギュラーLIVE
・阿佐ヶ谷Manhattan (毎偶数月の第一日曜日)

♪レギュラージャムセッションホスト
・新所沢NAVE(毎週月曜、昼14時~17時)
・渋谷KOKO (毎月第一火曜日)

◎ご予約・お問合せ・演奏依頼・レッスン依頼・その他ご質問などなどお気軽にメール、又は各種SNSでお問合せください。

【E-mail】
kkpochiba@gmail.com
【 Facebook 】
https://www.facebook.com/yuki.ochiba.31
【 Instagram 】
https://www.instagram.com/ochi_bass_yuki/
【 Twitter 】
https://twitter.com/kkpOchiba?lang=ja
お住まい東京都
趣味・興味芸術。歴史。生物学。読書。漫画鑑賞。自家挽珈琲。カレー・エスニック料理屋めぐり。巻き煙草。バスケ。
経歴幼少の頃よりピアノや合唱団の活動などを通してクラシック音楽などに親しみながら育つ。 中学生の頃から洋楽のCDを自ら聴き漁り始め、中古CDショップでたまたま手に取ったLouis ArmstrongのCDを聴き、強い感銘を受け号泣。 直後Charlie ParkerのCDにも衝撃を受け、JAZZの世界に一気にのめり込む。 高校ではトロンボーンを始めブラスバンド部で全国大会出場、金管五重奏で東北大会出場を果たしつつ、 JAZZビッグバンドやコンボの経験も積む。またこの頃より独学でJAZZピアノも弾き始める。 18歳の頃からは低音の魅力に目覚めてコントラバスを弾き始め、仙台のJAZZスポットを中心にライブやセッション活動を開始。 徐々に仙台内外での評判を高め、首都圏からツアーで来仙するミュージシャンのサポート演奏や、 学校や病院施設での訪問演奏など数々の現場をこなしながら腕を磨く。 2016年の春から拠点を東京に移し、数多のセッションホストを担いつつ、様々なLIVEシーンで演奏。 2017年からはピアニスト石田幹雄氏とのトリオ、デュオ活動。阿佐ヶ谷の老舗JAZZクラブ”Manhattan”での自身のリーダーカルテット活動などを始動。 音楽の可能性について常に模索し続けながら、現在、勢力的に活動の幅を広げ続けている。
好きな場所自然が豊かなところ。
好きな本太宰治。手塚治虫。福岡伸一。森見登美彦。井上雄彦。木原敏江。一条ゆかり。美内すずえ。池田理代子。大島弓子。高橋留美子。その他JAZZ・音楽関連の書籍。
好きな映画アメリカの古いミュージカル映画などなど。そんなに映画は見ません。
好きな音楽J.S.Bachから雅楽からアフリカ音楽まで